医院案内|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

〒537-0014大阪府大阪市東成区大今里西2-16-9 2F

06-4308-5681

順番予約
ヘッダー画像

医院案内

医院案内|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

医院概要

  • 医院名
    今里ばんどう眼科
  • 住所
    〒537-0014 大阪府大阪市東成区大今里西2-16-9 2F
  • お問い合わせ

    TEL.06-4308-5681

    FAX.06-4308-5682

  • 診療科目
    眼科
  • 診療時間
     
    09:00-12:00
    14:00-17:00

    休診日:水曜午後、土曜午後、日祝

    …火曜午後は手術日です 

院内紹介

受付

受付

待合室

待合室

手術室

手術室

検査室

検査室

診察室

診察室

処置室

処置室

リカバリー室

リカバリー室

トイレ

トイレ

エントランス

エントランス

設備紹介

白内障手術装置<br>CENTURION®VisionSystem

白内障手術装置
CENTURION®VisionSystem

手術中に変化する灌流圧を自動的にモニタリングし、眼圧を安定化させた状態で水晶体を取り除くことができます。

手術用顕微鏡 LUMERA T

手術用顕微鏡 LUMERA T

鮮明で正確に手術箇所を観察することができ、より安全性の高い手術を行うことができます。

屈折検査装置 KR-1

屈折検査装置 KR-1

眼屈折力・角膜屈折力を測る機械です。
全ての操作をタッチパネルで行い、左右眼のデータを自動で取得します。
視力検査の際に使用するレンズの度数の目安にします。

ノンコンタクトトノメーター<br>NT530P

ノンコンタクトトノメーター
NT530P

眼圧・角膜厚を測定できる機器です。
眼圧補正機能により、眼圧補正値の自動計算が可能で、3Dオートトラッキング&オート測定でより精度の高いデータ取得が可能です。

光学式眼軸長測定装置<br>IOLマスター700

光学式眼軸長測定装置
IOLマスター700

白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)を、目に触れることなく正確に測定し、眼内レンズの度数を決定します。
SWEPT Source OCTを使用して角膜後面を直接測定できるようになりました。

スペースセイビングチャート<br>SSC-370D

スペースセイビングチャート
SSC-370D

1m視力検査が可能です。
多彩なチャート表示で、様々な視機能検査を行うことが可能です。

視力表

LED視力表 ミルカⅡ

5m視力検査が可能です。
様々な視機能検査を行うことが可能です。

レンズメーター LM-1800PD

レンズメーター LM-1800PD

眼鏡、コンタクトレンズの度数を測定する機器です。
現在、お持ちの眼鏡の度数を確認するとき使用します。

光干渉断層計<br>シラスOCT フォト

光干渉断層計
シラスOCT フォト

網膜の断層を確認できることで3次元的に病態を捉えられます。
また、同時に目の奥の写真を撮影することも可能です。

自動視野計<br>Humphrey Field Analyzer 3

自動視野計
Humphrey Field Analyzer 3

主に中心部の視野を測定する検査機器です。緑内障の早期発見、進行状況の確認に役立ちます。

スペキュラーマイクロスコープ<br>EM-4000

スペキュラーマイクロスコープ
EM-4000

角膜内皮の状態を撮影します。年齢や病気によって、内皮細胞数は減少するので、この結果から角膜の健康状態を診断できます。

イエローレーザ<br>光凝固装置integrepro

イエローレーザ
光凝固装置integrepro

眼底にある「網膜」にレーザーを照射することにより、病気(糖尿病網膜症、網膜裂孔など)の進行を抑制したり治療を行う機器です。

細隙灯顕微鏡

細隙灯顕微鏡 EGG

細隙灯(さいげきとう)と呼ばれる拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、主に前眼部を観察します。
眼科の聴診器とも言われています。

視野計

ゴールドマンペリメータ―

国際的に最も普遍的な視野計であり自動視野計の基準にもなっています。
ハンフリーよりも広い範囲における視野狭窄、視野欠損を調べることができます。

コントラスト感度測定器<br>CSV-1000

コントラスト感度測定器
CSV-1000

標準視力表では検出できない微細な見え方の質を評価できます。コントラスト感度テストは屈折矯正手術や白内障、緑内障、さらにはコンタクトレンズの性能などの評価に威力を発揮し、45ヶ国以上で使用されています。

ハンディフリッカHF

ハンディフリッカHF

光の点滅を行い、断続する光が弁別できず、連続する光に見えるようになる閾値(いきち)を調べる検査機器です。視神経疾患、眼精疲労のスクリーニング検査が可能です。

スポットビジョンスクリーナー

スポットビジョンスクリーナー

6か月以降の乳幼児から検査可能です。屈折異常(近視、遠視、乱視)斜視を迅速に検査できます。視力発達時期に異常を早期発見、早期治療することが重要です。