一般眼科|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

〒537-0014大阪府大阪市東成区大今里西2-16-9 2F

06-4308-5681

順番予約
ヘッダー画像

一般眼科

一般眼科|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

眼科について

眼科について

眼科は、目と目の周囲に関する病気を全般的にみる診療科で、乳幼児からご高齢の方まで幅広く診療します。パソコンやスマートフォンの急速な普及に伴い、目に対するストレスも非常に大きくなっています。子供の近視は増加傾向にあり、大人も目の酷使によって眼精疲労や不調を訴える方が増えています。また、高齢化社会において、より高い生活の質を維持するためにも目の健康は重要です。白内障は視力を取り戻す手術が一般的に行われており、緑内障や糖尿病網膜症は、早期発見・治療によって進行を遅らせ、失明を防ぐことができるようになってきました。
目の症状は、痛み、かゆみ、充血、疲れ目、視力低下、まぶたの腫れなど様々ですが、いつもの見え方と違う、何かおかしい、といった些細な症状でも、病気の兆候になることがあります。目に異常や違和感があったり、日常生活でお悩みがあったりしたら、何でもお気軽にご相談ください。

眼科でよくみられる症状・相談

このような症状の方はご相談ください

  • 視力が落ちた
  • 目に痛みがある
  • 目に疲れを感じる
  • 目が乾きやすい
  • 目にかゆみがある
  • 目が赤い
  • 涙がとまらない(涙目)
  • よく目やにが出る
  • まぶしい
  • 目を閉じると中で光る
  • 見える範囲が狭い
  • 視野の中心部が暗い
  • ものが歪んで見える
  • ものがかすんで見える
  • ものが二重に見える
  • 片目でみると見えない部分がある
  • 蚊のようなものが見える
  • まぶた・目の周りに腫れがある
  • 眼球・まぶたにできものがある
  • 健康診断などで指摘された
  • コンタクトレンズを考えている

日常的に起こりやすい症状でも、詳細な検査を行うことで病気の早期発見につながることもよくあります。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

眼科の対象となる主な疾患

  • 屈折異常(近視、遠視、乱視、老視)
  • 弱視
  • ドライアイ
  • マイボーム腺機能不全
  • 眼精疲労
  • 眼瞼けいれん
  • 麦粒腫
  • 霰粒腫
  • はやり目
  • 急性結膜炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • 巨大乳頭結膜炎
  • 角膜ヘルペス
  • 白内障
  • 緑内障
  • 飛蚊症
  • 光視症
  • 網膜剥離
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈分枝閉塞症
  • 網膜中心静脈閉塞症
  • 加齢黄斑変性
  • 黄斑浮腫
  • 視覚異常
  • 斜視
  • 視神経炎
  • 虚血性視神経症
  • 眼球運動障害

ドライアイ

目を守るのに必要な涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行き渡らなくなり、目の表面に傷が生じる病気です。症状は目の乾きだけでなく、目がかすむ、まぶしい、疲れる、痛い、ゴロゴロする、充血、涙が出る、目やにが出るなど様々です。危険因子としては、加齢、長時間画面を見る、生活環境(低湿度、エアコン下、送風)、コンタクトレンズ装用、喫煙などがあります。また、涙腺が免疫の作用で傷ついてしまうシェーグレン症候群や、関節リウマチなどの膠原病なども危険因子となることがあります。軽度であれば、市販の目薬でも改善しますが、眼科の治療では、涙の不足成分を補ったり、涙の蒸発を防ぐムチンを増やしたり、目の炎症を抑えたりする目薬や、涙点に栓(涙点プラグ)をして涙をためる治療などで改善を目指します。マイボーム腺(目のうるおいを保つ油分を分泌する皮脂腺)の異常が原因であれば、温罨法やアイシャンプーでの洗浄治療を行います。

アレルギー性結膜炎

目に起きる様々なアレルギー疾患の総称です。花粉やハウスダストなどアレルギーの原因があり、結膜の炎症とかゆみ、目の異物感(ゴロゴロする)、目やに、涙が出るなど自覚症状がある場合に診断されます。花粉によって引き起こされるものを花粉性結膜炎といい、その代表がスギ花粉性結膜炎です。鼻炎症状が合併する方も多くみられます。通年性アレルギー性結膜炎は季節や気候の変化によって、良くなったり悪くなったりします。ダニやハウスダストが原因であることが多く、1年を通じて自覚症状があるものをいいます。アトピー性角結膜炎は、アトピー性皮膚炎により顔面やまぶたに皮膚症状があり、結膜炎は通年性で、慢性的なかゆみや目やにが伴います。
アレルギー以外にも細菌やウイルスなど、感染が原因の感染性結膜炎やドライアイなどによっても目のかゆみを生じることがあります。症状が続く場合は我慢せずにお気軽にご相談ください。

ものもらい、めばちこ、めいぼ(麦粒腫)・霰粒腫

原因は細菌感染です。まぶたには涙や汗の分泌腺や毛穴がありますが、その小さな孔から細菌が感染して症状を引き起こします。症状は、まぶたの一部が赤く腫れ、軽度の痛みやかゆみを伴います。炎症が強くなると、赤み、腫れ、痛みも強くなります。化膿が進行すると、腫れた部分が破れ膿(うみ)が出ますが、この膿が出てしまえば症状は回復に向かいます。治療は抗生物質の点眼や内服を行います。化膿が進んだ場合、切開し膿を除去することもあります。日頃から汚れた手で目をこすったりしないよう注意することが大切です。
霰粒腫は、まぶたの生え際にあるの出口が詰まって慢性的な炎症が生じることで肉芽腫と呼ばれる塊が形成されます。
ごくまれに、皮膚の悪性腫瘍との見極めが必要となることもあります。

眼精疲労

眼を使う作業を続けることで、目の痛み、かすみ目、充血などの症状や、頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状が現れ、十分な休息や睡眠をとっても回復しない状態を指します。最近は、パソコンやスマートフォンなどを使用する機会が増えているため、これが原因となる眼精疲労が増えています。緑内障や白内障、ドライアイなどでも出現することがあります。眼鏡が合わない場合は作り直し、目の病気が発見されれば治療します。パソコン、スマートフォンを使用することが多い場合、適度な休息を挟みましょう。ビタミン剤配合の点眼薬や内服薬が有効なこともあります。

眼瞼けいれん

自分の意思と関係なく、目の周りの筋肉が勝手にけいれんして、目が開けにくくなる病気です。通常は片眼であり、睡眠不足や肉体的精神的疲労、ストレスなどによって起きると考えられていますが、多くの場合、原因が不明です。安定剤、睡眠導入薬、抗精神病薬の服用や化学物質への曝露が原因になることもあります。自然に軽快することが多く、休息や睡眠により改善します。目をつぶっていたほうが楽、目が乾く、目がショボショボするなど、目の周辺の不快な症状も現れることがあります。対症治療として、眼周囲の皮膚にボツリヌス毒素製剤を注射する方法があります。

飛蚊症

蚊のような黒い虫や糸くずのようなものが動いて見える症状のことです。形や大きさはさまざまで、視線を動かすと付いてくるような動きをする場合もあります。近視の方にもよく見られる症状です。原因には治療を必要としない加齢性の変化や早急な治療を要する重大な疾患(網膜はく離や眼底出血など)までいくつかの可能性が考えられます。見え方からは原因を特定することはできませんので、飛蚊症が生じたらまずは眼科での精査をお勧めします。

屈折異常(近視、遠視、乱視)

角膜と水晶体はレンズの役割を果たし、網膜に焦点を合わせることで、ものが見えます。この焦点が網膜の前方にずれた目を近視眼といい、後方にずれた目を遠視眼と呼びます。どちらも焦点が網膜に合わなくなるため、像がぼけて見えるようになります。
近視眼は遠くを見るときは像がぼけて見え、近くを見るときは眼鏡なしでもはっきり見ることができます。遺伝や長時間の近方作業(読書、勉強、ゲーム)などが原因として挙げられます。凹レンズで矯正します。遠視眼は、遠くのものも、近くのものもはっきりと見ることができません。近視と同様、遺伝的な要因が関係していると考えられています。凸レンズで矯正します。乱視の主な原因は角膜や水晶体の歪みです。焦点が1箇所に集まらなくなり、ものがぼけて見えます。補正レンズ(円柱レンズ)で矯正します。
屈折異常は眼鏡やコンタクトレンズで矯正することが多いですが、近年は様々な屈折矯正手術も行われています。

老視(老眼)

新聞など手元の文字が見にくい、ぼやけるといった自覚症状がある場合、最も頻度が高いのが老視(老眼)です。40歳前後から自覚することが多く、眼の調節機能が低下して近くのものにピントが合わなくなります。治療は眼鏡やコンタクトレンズで矯正します。
若い年代の方でも、スマートフォンやタブレットなどを長時間見続けることで、老視のような症状が起こることがあります。(スマホ老眼)