白内障手術|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

〒537-0014大阪府大阪市東成区大今里西2-16-9 2F

06-4308-5681

順番予約
ヘッダー画像

白内障手術

白内障手術|今里ばんどう眼科|地下鉄今里駅徒歩2分にある眼科

白内障

白内障

レンズのような働きを担う水晶体という透明な組織が様々な原因によって白く変性し、濁って見えるようになる病気が白内障です。最も多い原因は加齢によるもので、早い人では50歳ぐらいから症状が現れることもあります。年齢を重ねるほど発症しやすく、60歳を過ぎた頃から少しずつ水晶体が濁り始め、70代以降の高齢の方ではその大半に白内障の症状がみられます。
加齢以外の様々な原因で白内障が起こることもあります。ぶどう膜炎や、糖尿病、アトピー性皮膚炎などと合併して起こります。先天性や外傷性、アトピーや糖尿病、薬剤や放射線が原因となる白内障もあります。
白内障で水晶体が濁り始めると、光が散乱するため、目がかすんだり、物が二重に見えたり、明るいところでまぶしく感じるなどの症状が現れます。進行すると視力が低下し、眼鏡を掛けても物が見えにくくなります。

白内障でよくみられる症状

  • 目がかすんで、霧がかかったように見える
  • 物が二重、三重に見える
  • 明るいところでは、かえって見えにくい
  • 太陽光や車のヘッドライトの光がとてもまぶしい
  • 視力が低下し、小さな文字が読みにくい
  • 急に眼鏡の度が合わなくなった(眼鏡を作りかえても見えにくさが変わらない)

白内障の治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、点眼治療で進行を遅らせることが基本です。ただし、一度濁った水晶体が透明に戻ることはできず、あくまで進行を抑えることが目的です。症状を改善したり、視力を回復させたりすることはできません。そのため病状が進行し、日常生活に影響が及ぶようになれば、完治のための手術療法が必要となります。ただし、あまり進行してしまうと、手術に時間がかかったり、術中合併症のリスクがあがってしまうため、通常であれば短時間で済む日帰り手術ができなくなる場合があります。
また、白内障が進行すると水晶体の厚みが増し、そのために目の中の圧力である眼圧が急上昇する急性緑内障発作を起こす可能性があります。
病状をしっかりと説明し、適切な時期に手術を受けていただけるようにお勧めいたします。

白内障手術

進行した白内障に対して、濁った水晶体を取り出し、眼内レンズ(アクリル樹脂などでできた人工の水晶体)に置き換える手術が白内障手術です。白内障手術の安全性は向上しており、患者さんの年齢や体調によっては入院せずに日帰りで行うことも可能です。
現在、主流となっている手術が、超音波の振動によって濁った水晶体を細かく破砕(乳化)し、吸引した後に眼内レンズを挿入する超音波水晶体乳化吸引手術です。この術式では切開する角膜の創口が小さく(2ミリ程度)、縫合する必要はありません。術後の乱視や感染症リスクを軽減することができます。また、手術時間は、個人差はありますが15分程度で、痛みも点眼麻酔や前房内麻酔などの局所麻酔によってほとんどありません。手術翌日からほぼ普段と同じような生活を送ることができ、患者さんの手術に対する不安や身体的負担が大幅に軽減されています。
両眼を手術する場合は、基本的に1週間以上の間隔をあけて行います。

眼内レンズについて

混濁した水晶体の代わりに挿入する眼内レンズ(人工水晶体)には、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2つのタイプがあります。
当院では単焦点眼内レンズのみを取り扱っております。
保険診療で扱える⼀般的なレンズであり、見え方も鮮明で、経済的負担も少ないといえます。
読書や手芸など近い距離をはっきりと見たいという希望があれば、近くが見えやすくなる眼内レンズを選択します。そのため、遠くを見るための眼鏡が必要となります。一方、運転をする方や遠方のTVをはっきりと見たいという希望があれば、遠くが見えやすい眼内レンズを選択するため、近くのものを見るための老眼鏡が必要となります。
一度眼内に入れたレンズは原則的に入れ替えることはしません。そのため、手術後の生活に合わせて最適なものを選んでいただけるように詳しく説明して、どのような見え方を希望されるか相談して眼内レンズを決定いたします。

白内障手術の合併症

現在、日本では1年間に150万件以上の白内障手術が行われており、比較的安全性の高い手術ですが、合併症が起こることもあります。
水晶体嚢の破損、チン小帯断裂、感染、水疱性角膜症、術後高眼圧、後発白内障などが代表的です。
それぞれの合併症においても適切な治療を行うことで対応させていただきます。

白内障手術後

術後1週間は特に大切です。翌日はもちろん、約3カ月ほど経過観察のために通院していただく必要があります。
処方された点眼を必ず行ってください。洗髪・洗顔は術後1週間はお控えください。仕事や運転の再開時期は相談させていただきます。

後発白内障

白内障手術の後に発症する、後発白内障とは、水晶体嚢(水晶体を包んでいた透明な袋)が濁ってくる疾患です。白く霞んで見えたり、曇って見えたりすることがあります。濁りの程度が軽く、視力の低下や霞みがなければ治療の必要はありませんが、視力に大きく影響をきたすようになればYAGレーザーを照射し、穴を開けることで濁りを取り除きます。
痛みはほとんどありませんが、切開した破片が眼の中に散らばるため、治療後少しの間、虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)ことがあります。